おうちホームステイの金額はおてごろ

コラム

話題沸騰中のおうちホームステイ。利用金額の相場は気になるところです。そこで今回は、おうちホームステイの利用金額がおてごろかを探ってみたいと思います。

おうちホームステイへ無料登録

英会話教室の相場

各地域に英会話教室はたくさんあります。規模の大小や講師の質などいろいろです。それにとない利用料金、いわゆる授業料もかなり異なってきます。

例えば、業界最大手の英会話教室のA社は、週2回、4カ月通ってひと月およそ30万円ほどです。これは英会話教室の相場を知るうえで一つの目安になります。

もう一例は、最近メディアなどにも取り上げられているB社です。こちらも週2回、2カ月通い、ひと月およそ40万円弱の金額になっています。A社に比べれば金額は割高です。

もう一つは、生徒にあわせてプログラムを組むC社。こちらは週3回、1年通い100万円を超える金額です。期間が1年ですから、大台の金額を超えています。

このように英会話教室の料金金額をみても、教室により異なることがわかります。ただ、大まかなことをいうとにたり寄ったりの面も否めません。

30万円ほどの手持ち金があれば、どこかの英会話教室に通えることにはなると思います。

おうちホームステイいくら?

英会話教室とは異なるものの、似たような雰囲気をもつe ラーニング型のおうちホームステイの金額が気になります。おうちホームステイは、毎日2カ月でおよそ20万円です。この金額をみれば一目瞭然です。

一般的な英会話教室に比べれば断然安いことがわかります。e ラーニングという形態をとっていることが、利用金額の安さにつながっているともいえます。ただし、英会話学習の中身は、英会話教室の授業内容と変わらないので、コストパフォーマンスでいえば、おうちホームステイがかなりお得感があるといえるでしょう。

また、おうちホームステイは自宅学習が基本ですから、英会話教室に通う費用などもかかりません。総額のコストを考えれば、おうちホームステイの利用金額はとても魅力的です。数ある英語教材の中でも、トップクラスの費用の安さを誇るようです。

おうちホームステイへ無料登録

安さの秘密

学習期間の短さ

おうちホームステイの費用の安さが際立つにつれて、その理由が知りたくなります。安い理由はいくつかに要因が考えられます。まず短期集中型の学習スタイルです。2カ月間という短い期間で英会話を習得する方法がとられているため、余分な教材を抱える必要がありません。

教材のコストはばかにならず2ヵ月分で済むことは、利用金額に大きな影響を与えています。無駄な教材ばかりが大量にあっても消化しきれず意味はあまりないものです。しかし、おうちホームステイは、学習期間を短くして教材も絞り込んでいますので、学習効果もあげながらコスト削減にも成功しました。

日常会話に特化

英会話といってもその用途は実に広いものです。ビジネス会話から日常会話までと、学ぶ対象が広くなれば余分な教材ならびに、それにともなう開発コストもかさむばかりです。

普段使う会話のみに特化すれば、利用者にもコンセプトが明確になるばかりでなく、教材費用の安さという還元ももたらしてくれます。おうちホームステイの安さに秘密には、この学習内容を狭めることによって、利用金額のお手ごろ感を生み出しているのです。

学習内容を限定することは、コストを下げることと密接な関係があるようです。

e ラーニングで費用軽減

おうちホームステイは言うまでもなく、通信制の英会話教材です。スクールに通うことなく、自宅に居ながら英語の勉強ができるシステムです。おうちホームステイの運営会社にしてみれば、教室を構えることなく、備品等も揃える必要がありません。

これは運営費用を大きく下げる効果があり、事業者にしてみればとても重要なことです。また近ごろの英会話教室は、駅前の一等地に教室を開設することが主流です。しかし、この方法は集客力があがっても、ビルの賃貸料がすごくかかるため経営を圧迫することもよくあるようです。

その点、おうちホームステイは利便性という視点でみても自宅学習が基本であるので、駅前に教室を構える以上のコストパフォーマンスがあります。e ラーニングで学習するスタイルは、経費削減を最大級押し上げる効果を生み出すようです。

利用金額の安さは、自宅学習が基盤であるおうちホームステイの特徴といえますが、その安さに負けない質の高いレッスンこそが利用者の支持拡大につながっているのです。

おうちホームステイへ無料登録

コメント