おうちホームステイの効果を検証

コラム

話題になっているおうちホームステイ。その評価にはさまざまなものがありますが、ここでは評価とともに効果を検証したいと思います。

おうちホームステイへ無料登録

短期間で英語を話す

英会話が話せるようになるには最低でも2、3年必要ともいわれます。数年間の英会話スクール通いが一般的と思われています。ところが2、3年どころか5年経っても会話すらできないとの話はよく聞きます。

本人の努力不足か、先生の教え方が悪いのか、その真偽は不明ですが、話せないなら英会話スクールに通った意味がなくなります。

効率よく学習することが英会話を習得する最前線の道なのです。その点、おうちホームステイは、カリキュラムを2ヶ月間、4日間+8週間に区切って学びますので、最短コースで英会話力を身につけることができます。

たとえ毎日、5分、10分でも英語を学ぶことを続ければ、自然と各々のフレーズが頭に入いるようになります。おうちホームステイは、それぞれのシチュエーションに合わせて学ぶため、効率よく短期間で最低限の会話力が身につくのです。

気がついたら英語が理解できていた、英語が話せるようになったとの利用者の声が届けられています。その理由はカリキュラムの構成と、科学的根拠に依拠した学び方に秘密があるようです。

楽しく学ぶ!

何事もそうですが、学ぶということは苦痛を感じるものです。しかし、いやいや学ぶことは、それを理解することができないだけでなく、途中で学びを投げ出す要因にもなってしまいます。

おうちホームステイでは、ゲーム感覚で楽しく学べる仕組みを開発しました。このことによって苦痛を感じさせずに英会話を学ぶことに成功しました。

英語の内容がやさしいところも、楽しく学べる秘訣になっています。キーワードは、中学校レベルの英語力。中学レベルの英語を学ぶため、難しさを感じず、すらすらとフレーズが覚えやすくなっているようです。

日常会話に特化して、その内容が中学レベルとなれば、苦痛を感じることなく楽しく学べることは必然なことです。

おうちホームステイは、このようにだれでもが楽しく学びやすい教材として仕上げられているのです。

英会話初心者でも効果あり

おうちホームステイのいいところは、年代や英会話力の違いを超えて学べるところです。高校生などの学生でも気軽に利用できますし、主婦などの英会話初心者にも十分対応できる教材になっています。一方、ビジネスで英語が必要な人にも満足できる教材です。

英会話初心者に限れば、かえっておうちホームステイはお勧めできるのではないかと考えます。といのも、先に英語を理解するのではなくて、まず練習してその次に英語を理解するといったプロセスをたどります。

英会話初心者ほど英語を理解することから入ると、頭が混乱しがちになります。練習問題から取りかかり、その結果として英語を理解すれば、英会話のコツをつかみやすくなるものです。

このような工夫こそが他の教材とは違う特徴になっています。初心者から経験者までが愛用できる教材ですが、英会話初心者こそ効果が発揮できる教材といって過言ではなそうです。

ハーバード大学にも合格

おうちホームステイといえば、一般的な英会話やビジネスでの利用において、学習する教材とのイメージがあります。たしかに英会話を中心とした教材として高い評価を受けているのですが、英語圏の大学入試に利用する学生もいます。

特にアメリカのアイビーリーグをはじめ、マサチューセッツ工科大学やスタンフォード大学などの名門大学へ入学を希望する若者が、そのきっかけづくりにおうちホームステイを利用しています。

アメリカの大学入試は、日本の大学入試のようなペーパー試験で高い点数をとれれば合格できるようなシステムではありません。高校での成績や、課外活動などの社会貢献度、SAT(大学進学適性試験)というテスト、そして面接などを総合的に考慮して合否が決められます。面接などでは自らをアピールしなければならず、当然ですが英語で受け答えや意思表示を明確に示さなければならないのです。

ですから英語でのコミニュケーションはとても大事で、英語での会話ができなければアメリカの大学へ合格することはできないのです。

この基本的な英会話は必須条件であり、アメリカの大学への架け橋になっています。おうちホームステイでは、これまで500名以上の生徒をアメリカの名門大学などに合格させてきました。この実績は驚異的なことです。

これらはおうちホームステイの最たる効果といえるのではないでしょうか。

おうちホームステイへ無料登録

コメント