おうちホームステイでTOEIC対策はできる?高得点を出す方法

おうちホームステイでTOEIC対策ができるのか、高得点が出せるのか、と疑問を抱く人もいると思います。実際に、おうちホームステイを利用することで、TOEICの対策となる勉強ができるのか、という部分について今回はお話をしたいと思います。TOEICで高得点を出したい人、おうちホームステイを利用したい人は参考にしてみてください。

おうちホームステイへ無料登録

おうちホームステイでTOEIC対策ができるのか?

おうちホームステイを利用して、TOEIC対策ができたらいいなと思っている人も多いでしょう。では、実際にTOEICと、おうちホームステイのレッスン内容がリンクしているのかどうかをチェックしてみましょう。

おうちホームステイのリスニングがTOEICに役立つ

おうちホームステイでは、リスニングを中心とした勉強方法を実践しています。そして、TOEICでは100問45分間のリスニング問題が用意されていますので、必然的にリスニングの力が重要になってくるのです。

TOEICでは、リスニング問題で点数を稼げない人が多く、日本人がリスニングを苦手としていることが分かります。TOEICの公式問題集でリスニングの勉強をする人もいますが、やはりそれでは「発音」のポイントやコツを抑えることができないことが多いです。

しかし、おうちホームステイでは、とにかく聞いて声に出して英語を覚えることを徹底していますので、リスニング能力がアップします。つまり、TOEICのリスニング問題を解くことができるようになるのです。

TOEICの問題も勉強しておく必要がある

おうちホームステイにより、リスニングの力がアップするのですが、それでもTOEICを受けるのであれば、TOEICの問題をある程度解いておく必要があります。TOEICはリスニング問題だけではないので、念のために1か月くらいはTOEICの問題を解いて、対策をしておきましょう。

TOEIC対策の特典が用意されている

おうちホームステイでは、特典講座というものがあります。そこに「TOEIC特典」というものがあり、TOEICで高得点を出すための講座を受けることができます。ちなみにですが、このTOEIC特典を受けて、たった6時間ほどで100点以上も点数があがった人もいます。ですから、TOEICで高得点を出したい人は、おうちホームステイの特典講座を受けるのもおススメです。

おうちホームステイではカバーできない部分がある

おうちホームステイでは、リスニングをメインにした英会話を学ぶ勉強法を実践しています。ですから、TOEICのリーディングに関していえば、少し関係性が薄いと考えていいでしょう。リーディングの点数をアップさせたいのであれば、リーディングの問題集などを解く必要があります。

ただ、リスニングは1日30分の勉強で、2か月あればネイティブレベルにマスターできるので、かなりTOEICでは役立ちます。

おうちホームステイへ無料登録

おうちホームステイの山内勇樹先生のTOEIC点数は?

おうちホームステイを発案したのは、山内勇樹先生という方です。では、山内先生はTOEICでどのくらいの点数を取ったことがあるのか、そこが1番気になりますよね。発案者のTOEICの点数を見れば、おうちホームステイの効果があるかどうかが一発で分かります。

実は山内勇樹先生は、TOEICで「満点記録」をたたき出しています。つまり、山内勇樹先生はTOEICのことをすべて把握している人だってことです。そんな山内先生が発案した、おうちホームステイですから、リスニングに関してTOEICで役立つ理由が納得できます。

TOEICで出される問題

おうちホームステイとTOEICの関係性が把握できたところで、改めてTOEICの問題についてご紹介します。

TOEICの問題というのは、「パート1~パート7」と形式がすでに決まっています。リスニングは100問で45分間、リーディングは100問で75分間、合計で200問・2時間というテストで、マークシート方式となります。

写真描写、応答、会話、説明文、短文穴埋め、長文穴埋め、1つの文書、複数の文書という問題がありますので、おうちホームステイのリスニングだけでは、全てを賄うことができません。ですから、TOEIC対策をしている専用の問題集などを解く必要もあるのです。

ただ、おうちホームステイのリスニングであれば、TOEIC対策が完璧なので、そちらの勉強はしっかりとマスターしておくといいでしょう。

おうちホームステイへ無料登録

TOEIC対策におうちホームステイを役立てる

おうちホームステイの勉強方法が、リスニングを中心にしていることが分かりました。そして、そのリスニングの能力は、ネイティブレベルにまで達するほどです。ですから、TOEICのリスニング問題に対しては、おうちホームステイの勉強で十分に補うことができます。英会話をマスターしたい人、英語力をアップしたい人も、TOEICのリスニング問題は完璧に解けるようになるでしょう。

ただ、リーディング問題に関しては、TOEICの問題集などをチェックして、問題の対策をしておくといいでしょう。おうちホームステイの勉強だけでは、リーディングの問題への対策が不十分になる可能性があります。

これからTOEICの勉強を始めようと思っている人は、おうちホームステイの特典講座なども活用して、TOEICの高得点を目指してみてはいかがでしょうか。

おうちホームステイでTOEIC対策は大丈夫?

TOEICを受験する人は増え続けています。その受験対策として、おうちホームステイが有効ともいわれます。そこでTOEIC対策におけるおうちホームステイの活用法について考えてみたいと思います。

TOEICとは?

TOEICとは、英語を母国語としない国において、英語のコミュニケーション能力を図るための検定試験です。正式名は、国際コミュニケーション英語能力テストいい、世界150の国で実施されています。

TOEICは試験で合否を判定するのでなく、点数を認定して英語力を図ることを目的にしています。TOEICの点数は、就職や転職、大学受験などの参考資料として採用するところもあります。

TOEICは世界各国で実施されている語学テストですが、その受験者数は700万人もいます。日本国内だけでも230万人ほどいて、人気の高さがうかがえます。

世界的にみても日本のTOEIC受験者は多くいます。それだけTOEICのスコアがもつ意味は大きなものといえます。

TOEICを受験する目的は?

TOEICを受験する年齢層は、総じて若い世代が多いようです。20代と30代だけで7割以上を占めています。TOEICを受験する目的は、就職や転職での利用がもっとも多くなっています。

今や英語が話せないと、就職などで苦労する場面が出てくるのかもしれません。ただ、それも一部の企業や団体でのことで、すべての人が英語を必要としているのではないと思います。

しかしながら、今後、大企業を中心に英語能力を問う会社が増えてくることは十分予想されます。現時点でも社内公用語に英語を採用している日本企業もあるくらいですから、TOEICの良し悪しで就職や転職の成否が決まることもありえる話です。

おうちホームステイへ無料登録

おうちホームステイでTOEIC点数アップ

TOEICのスコアが良ければ、就職や昇進に有利に働きます。そのためにTOEICで高得点を取るために毎日の勉強を欠かしていないと思います。ただ、意外かもしれませんが、TOEIC受験者の9割以上は、英会話教室などには通っていません。公式参考書などで勉強をしているようです。

ところが、高得点を取っている受験生に限れば、英会話教室などに通う率は高くなります。700点や800点以上の受験者では、スクールやeラーニングの活用は必須条件になっています。

問題は、どのスクールや教材を利用するかということです。にわかに注目を集めるのが、おうちホームステイ。一般的な英会話の上達におうちホームステイを利用する人は多くいますが、TOEIC対策にその活路を見出す人たちも増えてきました。

実際、おうちホームステイ利用者で大幅なTOEIC点数アップに成功した人たちも存在します。一見、英会話の上達を目的にするおうちホームステイと、TOEICは無関係なような感じを受けます。

たしかに本質部分では異なるところもありますが、おうちホームステイのコンテンツの中にはTOEIC用のものが含まれています。ここにTOEIC対策の秘策が隠れているのです。

もともとおうちホームステイの開発者の山内勇樹さんは、TOEICで満点を獲得したことがある経験者です。

だれよりもTOEICのことを理解し、高得点の秘訣をわきまえている人です。その山内勇樹さんが、特別講義でTOEICの指導を行うのですから説得力があります。

おうちホームステイの特別講義でTOEIC対策は十分可能と考えてよさそうです。

おうちホームステイへ無料登録

他の教材との併用も有効

おうちホームステイでレクチャーされるTOEIC対策に耳を傾けながら勉強するのはとても効果的と思います。TOEICというのは、テクニックしだいでスコアが200点前後変わるともいわれています。

基礎知識は絶対必要ですが、これだけでは限界があるのも事実です。基礎知識にテクニックというプラスαが加わり、TOEICのスコアは大幅に上がるものです。

おうちホームステイで点数アップのコツを教わり、TOEICのスコアアップを実現したいですが、さまざまな教材の利用も躊躇することはないと思います。TOEICの教材は実に多くが市場に出回っています。それら教材を使っても点数が伸びないとの話はよく聞きます。市販の教材だけを使っても、スコアが伸びる人と伸びない人が出てきます。

問題の解き方をわきまえないで試験に臨んでも点数は伸びないものです。このような時こそ、おうちホームステイを利用していただきたいです。山内さんのノウハウが詰まった講義を聞きながら、受験テクニックを取得する。

そして市販の教材を利用することが、TOEIC対策には有効と考えます。まずは、おうちホームステイでTOEICの基礎固めをすることをお勧めします。

おうちホームステイで英語を学ぶ!

最近、英会話ブームが起き、社会人になって英語を学び直す人たちが増えているといわれています。その教材としておうちホームステイに脚光が集まっています。背景を探りながら、おうちホームステイで学ぶ意義を考えてみたいと思います。

英語を学ぶ意義

だれでも一度は英語を習ったはずです。中学時代、高校時代に習ったものの、受験対策として英語を覚えた記憶しかないと思います。学校教育で英語を話せるようになった人は、限りなく少ないはずです。

日本の学校では、英語に費やす授業時間はとても多くなっています。しかし、その割にはヒアリングやスピーキングができる生徒はいないという、さみしい事情が垣間見えます。

学生時代はそれでもいいですが、社会人になると英語が必要になる場面に遭遇します。仕事をしていたら、英会話の必要性に気づく人はたくさんいるのではないでしょうか。

そこで大人になり、再び英語の勉強を始める人たちが増えているといわれています。英語を学び直すことは、仕事などの実生活で役立つ証になるのです。

おうちホームステイへ無料登録

大人が学ぶ英語スタイル

大人になって英語を学ぶことは、学生時代とはまた違った感覚になります。学生時代は学ぶことを強要される感覚でしたが、大人の学びは自ら率先して英語を勉強する感覚に変わります。

大人になって学ぶ英語ことは、その学習スタイルにも変化が訪れます。学生時代は教科書中心のテスト対策、それが大人になるとヒアリングやスピーキング中心の英会話に移行します。

それにともない利用する教材にも大きな違いがあらわれます。英会話教室に通うのもその一例です。大人の英語学習といえば英会話教室がまず第一候補になり、実践的に使える英語を学びます。

大人が学ぶ英語スタイルとは、実社会で役立つ英語を学ぶスタイルでなければなりません。役立つ英語こそ、身につける必要があります。

おうちホームステイで英語を学ぶ

英会話教室で英語を学んでも、上達しないとの声はよく聞きます。それは英会話教室で学ぶ英語が、少しハードルが高いのかもしれません。英会話教室で学ぶ英語も実社会に役立つ会話を習いますが、フレーズや単語が難しく感じることに原因があるともいえます。

英語が話せるようになるとは、必ずしも難しい表現を使うことではないのです。相手に意思を伝えるのが会話の基本ですから、わかりやすい単語で意思表示ができれば、それでいいのです。

これを実践したのが、おうちホームステイ。中学の英単語を駆使して英会話ができる仕組みを開発しました。中学時代に習ったあの単語を並べるだけで英会話は成立するのです。

実は、英会話は中学英語だけでも十分だとの考え方は従来からありました。難しい表現を使っても利用価値はなく、やさしい表現でも毎日使うものならば、そちらの方がとても役立つのです。

おうちホームステイでは、中学単語をもちい的を絞った場面を想定することで、効率よく英会話を学ぶことができるようにしました。

「レストランの会話」「道案内をする」「ホテルでの会話」「ショッピングでの会話」「道を聞く時の会話」「家の中の会話」「ビジネス会話」「個別の会話」・・・などのシチュエーションに特化することで、使える英会話の習得を可能にしたのです。

また、ゲーム感覚で楽しく学べることも、英会話を身につけることにつながっているようです。さらには自宅にいながら学べるeラーニングでありながら、専属講師のサポートが受けられることも人気の秘訣になっています。

このようにコンセプトを明確にして、英語を学びやすい雰囲気にすることで、意識の向上が図られ、挫折することなく継続して学ぶことができるのです。

プログラムの消化とともに英語のコツをつかみ、気がつけば英語が話せるようになるとのことです。ここにおうちホームステイの強みが隠されているようです。

ネイティブの発音を身につける

おうちホームステイがeラーニング教材といっても、その中身は英会話教室に通っているのと変わりがないシステムになっています。

AIスピーカーに話しかければ、自分の発音で英語が通じるかを確かめることができます。
さらには、専属講師の質問によって英会話力の判断も仰ぐことができますから、独善的、または一方的に学習を進めるわけではありません。

英語を話すにはネイティブの発音がとても大切です。外国人との会話ではネイティブでなければ通じないものです。おうちホームステイで英語を学ぶことで、ネイティブの発音も自然に身につけることができます。

英語を学ぶ環境として、おうちホームステイは、もっとも効果的にヒアリングとスピーキング、そして発音を習得することができるようです。

おうちホームステイへ無料登録

おうちホームステイ評判.com